LINEは便利だけど、業務利用させてないあなた、正解です。でも使いたいですよね。チャットツール。

チャットツールがすでにメールに置き換わりつつあるのは事実。でも闇利用といわれるように、経営者が見知らぬところで見知らぬツールで行われるやり取りは、従業員のやっていることを把握できません。また、過去のやりとりや添付ファイルがどれぐらい回復できるのかもわからないし、価格や今後の運営方針も含め運営側次第のサービスを使う経営上のリスクがあります。当社の提供するビジネスチャットツールはそんな問題を克服し、さらに大量かつ高速なデータ通信を実現できます。



すぐ削除、すぐ編集が可能。

仕事のやりとりでも、当然あり得る送り間違い。あるいは送っては見たものの後からまずい表現に気づいたり、ここを言い換えた方が意味がよく通じるなどと気づくことはよくあります。ビジネス向けのチャットツールとして、送ったメッセージすべてに対して、直ちに削除したり、編集したりすることが可能です。



検索機能の充実

過去におこなったやりとりを確認したいこと時はプライベートならいずしらず、仕事では頻繁にあります。当社提供のチャット機能では、検索窓から過去のやりとりを追っかけることも可能です。余談ですが、各会話スレッド毎に返事も可能ですので、メールのような何に対する返事かを可視化することも可能です。



専用機だから速い&ファイルの大きさ気にならない。

クラウド型のチャットツールですと、ファイルの預かり上限が低かったり、そもそも一回で送れるファイルの大きさに制限があったり、あるいはものすごく送信に時間がかかったりします。当社サービスは御社専用機ですので、その点心配なく利用できます。(ゲーム開発会社でも暗号化した上でのスピーディなやり取りを評価いただきご利用いただいております)



手元にあるから速い

一番ツールが使われるのは、皆が集まる事務所なのが一般だと思います。(当社ツールは中小企業での利用を想定しているので)。そうであるならば、わざわざ太平洋をデータがわたっていかなくても、そうでなくてもどこだかわからない日本のどこかとやり取りするよりも、社外なんかいかないで、データのやり取りは完了すればいい話だと思いませんか?当社ツールは御社に設置するので、移動距離は最短。とにかく速いです。



何かあった時でもすべてが手元にある。

これビジネスチャットの一番大事なことだと思います。社員がお客さんや取引先に言われるがままに、あるいは自分が便利だという独断でLINEなどの無料ツールが使われているとします。もちろん通常はなにもないでしょうが、万が一言った言わないの問題が生じた場合を考えると、企業としては従業員の取ったコミュニケーションはきちんと把握しておく必要があります。弊社ツールでは、手元あるサーバでおこなうため、すべてのやりとりは物理的に目に見える手元にある状態です。



もちろん、一般のチャットツールが持っている基本機能も充実

  • 暗号化にはOAuth2.0を採用
  • すべてのやりとりは自動でBackUp(ライトクラスを除く)
  • スタンプの利用も可
  • スマホ用のアプリの利用も可。
  • ブラウザの利用も可(あ、LINEにはないですね、これ。(笑)なので、お借りしたPC端末からもアクセスできます。その際は要ログイン)
  • 他のアプリとの連携も可能


このツールを導入すると、業務が劇的に変わります。お試しください。(月額利用料は無料です)