導入事例

様々な業界のビジネスフロンティアを切り開く企業さまの、

プロフェッショナルシーンにおいてご導入いただいております。

 

データの安全な管理とリモートワークの実現

税理士法人Aさま

DUO-LC導入によって、解決したかった点は何ですか?

顧問先法人の代表者様から、「データをクラウドに預けたり、USBで経理情報をやりとりするのは、データ漏洩が不安だからやめて欲しい」という指摘を受けるようになり、自社でデータを管理するいい方法がないかものか模索していました。年々、クラウドのデータ漏洩事件も増えていることから、便利で安価であってもクラウドでは安全性が担保できない、絶対大丈夫とは言えないと思うようにもなっていました。

詳細を読む

導入にあたって決めてとなったものは何ですか?

Windowsのサーバを自社で持つのに200万円を超える金額を払っていましたが、「DUO-LC」は、その数倍の性能を有していながら価格は半分くらいで済むことが決め手になりました。また、既存の機械や回線など特に変更する必要がないというのもよかったです。価格が安いので、逆に大丈夫かと不安に感じたのは事実ですが、リンカさんのサポートのおかげですんなりと導入でき、性能や安全性は当初の説明通り。本当にいい選択をしたと思っています。

導入前と比較して、導入後どうなりましたか?

導入後は、自社でデータを管理していることから、クラウドを疑問視したり、不安に思っているクライアント様に対して、「万が一、何かあってもこれ(DUO-LC)に入っているので大丈夫です」と自信をもって伝えることができるようになりました。もちろん「本当に大丈夫なのか?」と念押しされることもありますが、パスワードはもちろん、データも2重化、さらにデータを暗号化もしたうえで保存していますので、そこまできちんとご説明するとみなさん納得されますね(※1)。クラウドだと、たとえデータを何重化しても、実際にどういう運用をしているのかが見えませんし、お客様には説明のしようがありません。事実、神奈川県での漏洩事件も、クラウドを信用していた結果ですからね。

それに加えて、事務所のパソコン内にある「達人(※2)」ソフトを遠隔で操作できることがとても気に入っています。彼らが提供するクラウドで試算すると、年間100万円くらいの結構なコストがかかる計算でしたが、それがこの「DUO-LC」だけで済むのですから言うことなし。今、働き方改革が進んでいますが、「DUO-LC」の導入により、私も含め土日に事務所に出てきて作業する人はいなくなりました。所員によっては、自宅近くのカフェで作業しているらしいですよ。

※1:税理士法人Aさまでは、フリーの暗号化ソフトを使用

※2:NTTデータ社の提供する会計ソフトで税理士の普及率は50%といわれている。

万全のデータ管理で顧客からの信頼度が向上

税理士法人Bさま

導入によって解決したかった問題は何でしたか?

弊所は、所員が30名ほどの中規模の税理士事務所で、資格取得者が5名ほど在籍します。これまでは、とある会計ソフトを利用していたのですが、クラウド対応でなくローカルで動くパソコンにインストールされていたため、土日、休日に作業が発生すると、出所しておこなってもらっていました。それについては、ゆくゆく改善したいと漠然と思っていましたが、そんな折、肝心のデータを入れているコンピュータが破損し、使えなくなったのです。それでも「クラウドのサービスにも加入して、毎月利用料を支払っているのだからバックアップされているだろう」と高をくくっていたのですが、甘かったですね。所員に任せていたのですが、誰も同期がきちんと取られるようには設定しておらず、まったくデータが残っていなかったのです。慌ててサポートセンターに連絡を入れましたが、「最低限やるべきことをやっておられないからには、こちらは何も対応することができません」と言われ愕然としました。結局、ハードディスク(HDD)はプロに修復をお願いすることで、被害は最小限にとどめることができましたが、今後、このような事態が起こらないよう再発防止策はもちろん、たとえ発生しても問題なく業務が稼働できるようにしなければと心に誓ったのです。そのための最善の方法はないかと、常々探していました。

詳細を見る

導入にあたって、決め手となったものはなんですか?

まず、「DUO-LC」は、データの損失リスクが極めて少ないことが挙げられます。常にまったく同じ内容のHDDをもう一枚生成している状態でコピーが取られているため、今回のような問題はまず発生しません(Raid仕様の場合)。さらに弊所の場合、そんな極めて少ないリスクにも万全を期すため、もう一台を私の自宅に設置することにしました。こうすることで、サーバそのものに物理的な障害があったとしても、所員に一時的に私の自宅のサーバに接続させることで業務を止めずに済むわけです。「DUO-LC」を2台も導入できたのは、リンカさんに勧められた助成金制度を活用したから。これも決め手としては大きかったです。申請もリンカさんのサポートでとても簡単でしたし、審査もすぐに通りました。こんな大きな金額が出る助成金があるなら、もっと早く知りたかったです(笑)。さらに、遠隔で所内の会計ソフトをインストールしたノートパソコンにアクセスできるようになると聞き、長年の懸念であった土日緊急対応も事務所に出て来なくてもできることが分かりました。これも決め手のひとつです。

 

導入前と比較して、導入後どうなりましたか?

最初は本当にうまくバックアップが取れているのかと不安でしたが、まったく問題なくきちんと同期が取れているようで、今ではデータ喪失の心配はまったくしていません。クライアント様へも、「事務所にしっかり保管してあるので絶対にデータはなくなりません」と言い切って信頼を得ています。最初は、操作に不慣れなところもありましたが、ファイルの暗号化やパスワードなどが何重にもなっていることをきちんと理解するいい機会となり、お客様にも詳しく説明できるようになりました。また、「DUO-LC」のおかげで土日出所が不要となったので、所員には喜んでもらっています。クライアント様とのデータのやりとりではきちんとパスワードを発行し、しかも短い有効期限を設定してお渡しするなど、業務がよりセキュアになり、クライアント様からも高い評価がいただけています。あの不測の事態は本当に大変な出来事でしたが、災い転じて福となりました。「DUO-LC」には無料でビジネスチャット機能が付いているので、今後はそれを本格的に導入し、さらなる業務改善にあたっていきたいと考えています。

人材確保のためのリモートワーク環境構築

税理士法人Cさま

DUO-LC導入によって、解決したかった点は何ですか?

優秀な所員の一人が産休に入ることになり、彼女の代わりとなるパートさんを募集したのですが、なかなかいい人が見つからないうちに、いよいよ産休が目前となってしまいました。付け焼き刃的にスキルの低い人を採用するよりも、弊所としては彼女にずっと活躍して欲しい。そこで考えたのが在宅勤務でした。出産前後は休んでいただくとしても、彼女の意思を組みながらできる限り長く、そして早期復帰してもらえる環境づくりをしようと考えたのです。そんな背景から、所内のデータに遠隔で安全にアクセスできるツールを探していました。

詳細を読む

導入にあたって決めてとなったものは何ですか?

一番は価格ですね。他社からはVPNとファイルサーバだけで100万円台後半~200万円の見積もりが出てきましたが、リンカさんはそれ以上にさまざまな機能が付加されているのにも関わらず、それより安かったのでびっくりしました。クラウドも考えたのですが、自社にある会計データだけでも2T(テラ)くらいあり、そうなると費用もかさばります。一方、「DUO-LC」だと6Tと、かなりたっぷりの容量があり、かつ買い切りで毎月費用が発生するわけではないので安心でした(※3)。

また、ローカルPCで使っている会計ソフトを、そのソフト会社が提供しているクラウドサービスに切り替えると、彼らの戦術に見事にハマり、彼らの価格テーブルに見事に振り回されてしまいます。当社のケースでは月額が10万円くらいになる計算でした。ですが、これがリンカのサーバ「DUO-LC」を使えば、一切不要になると分かりました。この付加価値の大きさが決め手です。

さらに、LINEを使って所員とコミュニケーションを図ることに興味があったのですが、これも「mattermost」というビジネスチャットツールが「DUO-LC」に含まれると聞いて、これはお得だなと。巷のビジネスチャットは月額課金で、かつ容量の制限や表示制限などがありますし、サービスによっては従量課金もあります。しかし、「DUO-LC」に搭載された「mattermost」はオープンソースなので、利用料無料の上に、そういった制限がなかったのも大きな魅力でした。

 

導入前と比較して、導入後どうなりましたか?

結果、優秀な所員を手放さずに済みました。また、新規に人を雇うことで発生する求人広告費用はもちろんのこと、採用した人の教育費用、時間的コスト、さらには他の所員にかかる負担を避けることができました。彼女とのテレビ会議では、突然、赤ちゃんが泣きだして中断というハプニングもあり、最初は私も含め、所員にも戸惑いがありました。でも、かえって彼女の人柄やお子さんへの愛情を知ることができ、会社としての一体感が生まれたと思います。
声を聞くことができ、チャット機能もあるので、彼女との意思疎通で特に問題らしい問題は今のところ起きていません。それどころか、ビジネスチャットの導入により、所内のメールの流通量はおそらく以前の4分の1ぐらいになり、報告や判断がスピーディーになったと思います。意思決定に必要な情報が揃う時間が劇的に短縮されましたね。その分、次から次に意思決定をすることになり、私自身の負荷は増えたような気がしますけれど(苦笑)。

 

※3:別途、サポート費用月額1万円がかかります。その他のサポートプランもあり

大量データは手元の占有機が一番

デザイン事務所Dさま

導入によって解決したかった問題は何でしたか?

デザインの修正依頼のやりとりにはLINEがとても便利で、使いこなしていたのですが、ある時、弊社従業員とお客様の間で、いわゆる言った言わないのトラブルが起こってしまいました。この時はLINEの履歴を辿ることで解決できたのですが、たまたま履歴が残っていたのでよかったものの、もし履歴が残っていなければ問題は大きくなっていたかも知れません。いくら無料で便利だからといっても、履歴保存がどこまで保証されているかも分からず、従業員が突然、辞めてしまうことも考えられます。そんな時に「〇〇さんと△×の約束をした」と言われても、証明のしようがないのはマズい。会社として自己防衛するという意味においても、LINEに代わるものが欠かせないと考えていたのです。いまさらメールには戻れないので、チャット形式のものを探していました。

詳細を見る

導入にあたって、決め手となったものはなんですか?

前述のように、探し出したきっかけは自社でのチャットサービスを導入することだったのですが、私が「DUO-LC」を導入しようと決めた理由は、オンプレミス(事務所に設置したサーバで動き、データもそこにある)ということでした。

時代遅れと言われようが、やっぱりクラウドと言うのは文字通りふわっとしていてよく分からない。形として実態が掴めないのですね。そんなよく分からないところに、大事なデザインデータのやり取りの履歴は預けられないと思ったのです。無料サービスのLINEを使用するという利便性だけを追求した結果、不安要素が会社経営にのしかかるようになったので、解決するにはある程度、費用と手間はかけないとダメだと考えました。

「DUO-LC」は、大容量でありながら従量課金テーブルに振り回されないし、何より導入前には気づいていなかったのですが、手元にサーバがあることで、めちゃくちゃ通信速度が速いのです。これは業務上、とても大きなメリットとなりました。
また、専用機を自社に設置しているわけですから、LINEのように1回あたりのデータ制限もなくなり、保存できるデータも数テラまでアップできるというのも、私には大きく刺さりましたね。

 

導入前と比較して、導入後どうなりましたか?

スマホも活用しながら頻繁にデータのやり取りをし、スピーディーにコンセプトを固めたり、修正作業がおこなえるようになりました。作業が格段に速くなったため、お客様に迅速に、かつ参加型で作品を提供するという当社ならではの付加価値を創造することができ、関係性をより深められました。デザイナーたちの生産効率は、間違いなく向上しています。

これは導入前に知らなかったのですが、実は「DUO-LC」にはテレビ電話機能も付いていて、これが一層、お客様とのやり取りを高速化かつ深化させてくれています。やっぱり顔を見ながら打ち合わせをするのは、メールよりも、チャットだけよりも、圧倒的にいいものができますから。

大容量の医療系画像を安全に扱える

医療クリニックEさま

DUO-LC導入によって、解決したかった点は何ですか?

画像診断においてセカンドオピニオンをもらう際に、クリニックに溜めてある画像をどのように取り扱うかが問題となっていました。クラウドに預けるには、データの気密性が高く、容量もかなり大きいため向いていないことは明白です。クラウドサービスで提供される利便性を享受しながら、セキュリティや安全なデータ管理という点を担保できる方法はないものか。そういう思いで探していたところ、「DUO-LC」を見つけた次第です。

詳細を読む

導入にあたって決め手となったものは何ですか?

何といっても手元に大容量のデータを置いておけるところ。置いたデータを自動で2重化できるので紛失のリスクが低いこと。そして外部からも安全にアクセスし、閲覧できること。この3点が非常に大きかったです。特に「DUO-LC」はSSLではなく、CIAやFBIでも破ることができない暗号技術を採用していることに大変魅力を感じました。そういった技術を採用したサーバは、月額数十万円の費用が掛かるものもある中で、「DUO-LC」は月額利用料が一切かからない(※3)。初期費用のみなのです。診断ソフトを遠隔かつこの暗号化技術を通して使えるのは、気密性の高いデータを扱う私たちクリニックにとって非常に安心です。また、セカンドオピニオンの情報を共有するためのソフトウェアは極めて高額のため、「DUO-LC」のようにセキュアにデータがやり取りできるサーバは、とてもありがたいですね。

 

導入前と比較して、導入後どうなりましたか?

大容量のデータなので、もしクラウドに預ければ、月額何十万円もかかります。でも、「DUO-LC」は占有機なのでこういったコストは一切かからず、かつとにかく処理速度が速いので助かっています。セカンドオピニオン情報を何の心配もなく受け取ることできるので、悩みの種が一気に解消しました。また、医療事務に関しても外部からデータにアクセスすることができるので、今流行りのテレワークが可能になりました。現在、その運用スキームを準備しているところ。「DUO-LC」は、私たちの期待以上を提供してくれています。

※3:別途、サポート費用月額1万円がかかります。その他のサポートプランもあり