端末の種類に関係なく、自宅のデスクトップを表示&操作(仮想デスクトップ)

当社のサーバーを自宅(もしくは会社)に設置し、その中にデスクトップを複数つくることが来ます。
そのデスクトップにはWindows環境を設置することが可能です。(マイクロソフトのライセンスがデスクトップの数必要です)

そして、このWindowsには安全に外部から接続することができます。
ローカルネットワーク内(自宅にサーバーを設置した場合は自宅内。会社に設置した場合は会社内のネットワーク)ではもちろん、
Wifiや4G回線経由でも、まるでその今使っているタブレットやスマートフォンの中に、プログラムやデータがあり、
そこで動いているような感覚になります。

でも実はデータやプログラムは自宅(もしくは会社)の高機能サーバ上で動いているだけで、
タブレットやスマートフォンはモニターのようなものです。
(ただ、モニターと違って、そこから操作もできます)
ですので、ハードウエアやOS関係なく、自宅(もしくは会社)のWindowsがさくさく動くわけです。