パケットの減らして、通信を速く、通信費を安く

ちょっと、通常のタブレット単体で仕事をするのと何がことなるのかを比較してみましょう。

タブレットでエクセルを操作する場合
1。エクセルのアプリをタブレットにインストール
2。表計算のプログラムはタブレット上で稼働
3。データはマイクロソフト社のサーバーとやりとり
4。別の端末で続きの作業をする場合も、エクセルを立ち上げ、データをシンクロする作業からやりなおし

タブレット経由で自宅サーバ上のエクセルを操作する場合
1。エクセルのプログラムはサーバ上。タブレットには画像だけ。
2。表計算のプログラムはサーバ上で稼働。タブレットには画像だけ。
3。データはサーバの中にあって移動はなし。
4。別の端末で続きの作業をする場合も、サーバに違う端末から接続するだけ。エクセルを立ち上げることも、データを写す作業も不要。

要するにデータは画像と操作信号だけのやりとりになります。通信量の上限のあるサービスでも安心してお使いいただけます。

※私的にはスマホとモバイルルータの契約をデータ通信専用のSIMと音声専用の電話にしましたが、劇的にコストが下がりました。そのコンテンツは現在作成中です。ご期待ください。